ホーム 著者 からの投稿 琉リラ

琉リラ

58 投稿 0 コメント

【四柱推命】基本的な命式の読み方・見方

  1.基本的な【四柱推命】命式の見方 日干にっかん(*生まれ日の干支)を自分自身とし、日干がをどれだけ、年や、月や、時間の干支かんしから、エネルギーをもらっているか?またはエネルギーを取られているか?を見て、その人にとって、必要な要素や、足りないものをみながら、バランスを図り必要なものや、性質、価値観、宿命の特徴を推命していくものです。通変星や十二運だけで読み解けるものではありません。しかし、この記事では初心者の方でもわかりやすく読み解けるようにご紹介していきます。 2.各柱の説明 神様は一人、二人ではなく、1柱、2柱と数えます。 四柱推命の〈四柱〉は『自分の中の神様(核)繋がり、神様として自覚なさい(核)をもって生きなさい』という意味です。 生まれた時間、日、月、年から柱を導き出します。 各柱でそれぞれ意味が異なります。 2-1.年柱   親や目上との関係性、先祖から受け継いだ幼少期の性格や因縁、0~25歳くらいまで若年期の運を表しています。 年柱は主に先祖から受け継いだ資質や、クセなどを表します。 若年期の運気は年柱に強く出ます。また、人の第一印象、その人の基本的な在り方をあらわします。 2-2.月柱 月柱は仕事運や、才能、人と関わるときの自分をあらわしています。25歳~45歳くらいまでの運を表しています。ここに算出される、〈通変星〉〈蔵干通変星〉〈十二運星〉は仕事の運気や適性、才能、価値観に影響していて、鑑定の際に重視いたします。 2-3.日柱 四柱推命の鑑定で要になる柱が日柱になります。 性格を読み解く時は、この日の干支を元にして、各柱の干支(かんし) との関係性や、バランスをみながら、日柱の強弱を図ったり、 日の干支から各柱の通変星や、一二運星を算出して鑑定します。 日柱は自分の本質やパートナー運を表しています。 また、45歳~65歳くらいまでの運も表しています。 蔵干通変星と十二運星で判断していきます。 2-4.時柱   時柱では 主に子供や、年下との関係や、晩年期の運を意味します。     3. 日柱の干支(ひばしらのかんし)   まず、一番最初に見るのが日柱の干支です。 四柱推命では、五行の「木・火・土・金・水」のそれぞれを、陰陽に分けて 全部で1 0個からなる干(かん)と、「子・丑・寅・卯・・・」でおなじみの一二支を 組み合わせから成り立っているもので、全部で、60種類あります。 なので、6 0日で、一巡します。干は、その特徴を自然界にになぞらえます。 干支は、生まれた年、生まれた月、生まれた時間にもありますが、 生まれた日の干支は、本人の核であり、宇宙である『本質』を表します。 生まれたままのあなた自身の性格の傾向、与えられた資質の傾向・自我の強さがわかります。 いわば、四柱推命において、かなめの部分になります。 干支は、干と十二支の組み合わせから成り立っていますがここでは十干の意味について, 陽に寄った状態と、陰に寄った状態を、解説していきます。 陰転・・・陰に転じること・星を生かしきれておらず、星の好ましくない部分が出ること 陽転・・・陽に転じること・星の長所を生かして生きていることです   甲(きのえ)大木のイメージ 陽転・・・まっすぐ一本気な性格、素直、正義感が強い、努力家 陰転・・・頑固で、融通が利かない、柔軟性に欠ける、一度挫折すると立ち直りが遅い 乙(きのと)草花のイメージ 陽転・・・協調性がある、人当たりが柔らかくソフト、適応能力が高い、人を輝かせる 陰転・・・積極性に欠ける、自信がなく気が弱い、実は気が強い、流されやすい 丙(ひのえ)太陽のイメージ 陰転・・・おおらかで明るい、華やかで人の輪の中心人物、活発、楽天的、 陰転・・・気分屋で意見が変わりやすい、愛情が押しつけがましく感じられることがある、寂しがり 丁(ひのと)灯火・月のイメージ 陽転・・・細かいところに気が付く、本質を見ている、人に合わせるのが上手い、センスが良い、おし陰転・・・神経質、夢見がち、急に人が変わったように怒る時がある 戊(つちのえ)山のイメージ 陽転・・・ゆったり落ち着いている、余裕がある、包容力がある、人を惹きつける 陰転・・・なかなか動かず行動が遅い、安定を求めるため変化に弱い、去る者は追わず 己(つちのと)田畑のイメージ 陽転・・・多芸多才、人を育てる、穏やかで公平、勉強家で情報を集めることが得意、 陰転・・・内面はシビアで、ロマンが少ない、現実的で面白みに欠ける 庚(かのえ)鉱山、刀のイメージ 陽転・・・決断力があり行動が早い、忠誠心が強い、裏表がない、サッパリしている 陰転・・・自分の意見を押し付ける、剛直で、自分をまげない 辛(かのと)宝石のイメージ 陽転・・・品格があり人を惹きつける、感受性が豊か、美意識が強い、 陰転・・・見栄っ張りで体裁を気にする、苦労が多い、プライドが高い 壬(みずのえ)海のイメージ 陽転・・・柔軟でアイデア豊富、巻きこみ力がある、器が広い、社交的で世話好き 陰転・・・人の意見に左右されやすい、成り行き任せ、環境が安定しない、 癸(みずのと)雨露のイメージ 陽転・・・情緒的で、風流、人のために尽くす、慎重で、計画的、物静かで慎み深い 陰転・・・こだわりとプライドが高い、視野が狭くなりやすい、行動力に掛ける   4.通変星・蔵干通変星   日柱の干支で本質を調べたら、通変星ではさらに細かく特性や強味を見ていきます。 比肩(ひけん) 陽転・・・負けず嫌いの努力家、目標に向かいコツコツと前に進む、自立心旺盛、周りからの評価よりも自分の世界を守ることが大事、納得しながら学ぶので着実に成長する 陰転・・・頑固、融通が利かない、人の動きに疎い、視野が狭い 劫財(ごうざい) 陽転・・・和合性や協調性を持ち合わせている、内面的には意志の強さを秘めている、器用でセンスが良い(ビジネス)、策士で戦略戦術家、対等で平等、全体の状況を把握するのが上手い 陰転・・・策に溺れる、上下関係を軽んじる、一を聞いて十を知るので、後の話を聴いていない 食神(しょくしん) 陽転・・・おおらかで余裕がある、素直な表現をする、無邪気で可愛い、食にこだわる、のんびり屋さん、食を楽しむ、ユーモアがある 陰転・・・おしゃべりで話を聴かない、努力が苦手、切羽詰まるまで動かない、片付けが苦手 傷官(きずかん) 陽転・・・センスが良く手先が器用(技術)、細かいところに気が付く、繊細、頭の回転が速い、言葉のセンスが良い、愛情深くピュア、美人が多い 陰転・・・完璧主義で疲れる、言葉が鋭い、あまのじゃくになりやすい、さびしがり、孤独感を抱きやすい 偏財(へんざい) 陽転・・・社交的で優しい、喜んで尽くす、愛嬌が良く人気者、商才がある、人との間のとり方が上手い、華やか 陰転・・・八方美人になりやすい、騙されやすい、交際が深くなりにくい、人の影響を受けやすい 正財 陽転・・・真面目で忠実、コツコツと積み上げる、安定感がある、マメ、お金を貯めるのが上手く堅実 陰転・・・小さなことで悩みやすい、変化に弱い、大胆さに欠ける、話が堂々巡りになる傾向、出不精 偏官 陽転・・・決断が早い、行動的、面倒見が良い、積極的、正義感に溢れている、尊敬できる人に対しての忠誠心は高い 陰転・・・衝動的で失敗も多い、気性が荒い傾向、せっかちで短気、物事をじっくりと思考するのが苦手 正官 陽転・・・真面目で責任感が強い、礼儀正しくきちんとしている、組織のバランスを考える、清潔感がある、出世しやすい 陰転・・・プライドが高くブランド志向、レールからずれることがなく、オリジナリティに掛ける、世間体を気にする、マナーや礼儀に厳しく人にもそれを求める。 偏印 陽転・・・アイディア力がある、理解するのが早い流行や、時代の流れを掴むのが上手い、好奇心、冒険心に溢れている 陰転・・・飽きっぽい、持続力に欠ける、ミーハーな傾向、安住できない傾向 印綬 陽転・・・知識欲があり真面目に研究検証する、歴史から学ぶ、古い伝統を大切にする、狭く深い愛情、人に教えるのが上手い 陰転・・・こだわりが強く、キャッチーなものやミーハーを嫌う、冗談が通じにくい、知識や興味の幅が狭い   4-1、月柱の蔵干通変星 40%   蔵干通変星は隠れた性格や自分の本質、生き方などを表しています。 自分に合った生き方の追求、無意識の中に隠れている自分の性格などがあらわれます。 また、仕事の運気や適性、才能、価値観もこちらに大きくあらわれます。 4-2、月柱の通変星 20%   月柱の通変星は仕事を表しています。 性格面では、自分の性格の20%くらいがここに表れています。 4-3、日柱の蔵干通変星 20%   日柱の蔵干通変星では恋愛面や家庭内での自分を表します。 4-4、年柱の通変星 通変星 10%   幼少期の自分や、第一印象をあらわします。 5.十二運星(じゅうにうんせい)   十二運は、一緒にある通変星の作用がどのように、どのくらいの強さで表れるのかを示すものです。 胎 ピュアな感覚、発想力が豊か、柔軟性がある、本質を突く、マンネリを嫌う、飽きっぽい、迷いやすく 忍耐力に欠ける 養 周囲を和ませ、自分のペースに巻き込む、周囲の人から可愛がられる、母親的な存在の人と縁がある、プレッシャーに弱い、目下の面倒は苦手 沐浴 変化変動が激しい、忍耐力はなく、飽きやすい、さらに迷うタイプ、職業や住所も変わりやすい、人生も起伏激しい、発想力がある、手先が器用、、海外向き、精神世界、旅行 長生 おおらかでのんびり、芸能関係、技術関係は才能を発揮する、人の中で上手に立ち回れる、人望や財も自然に向上する、トップに立つよりは補佐役が向いている、ストレスをためにくい、 長寿が多い、頭の回転が速い 冠帯 プライドが高い、自分を高めるという気持ちが強い、正義感が強い、負けず嫌い、策略家、芸術力、技術力、表現力、美的センスがある、派手な環境や服が好き、中年以降に成功しやすい、一言多い、誤解を招きやすい、ターゲットは女性が良い 建禄 安定感、持続力、手堅い優等生、現実的で冷静、気分に波がない、努力を惜しまない、、小さな世界のカリスマ、家庭的、変化に弱い 帝旺 ワンマン帝旺、強引で力強い、自己実現を探求、支配欲や征服欲強め、傲慢さを控えて謙虚になる運気が上がる、ターゲットは男性がよい 衰 落ち着き、深い洞察力、慎重で控えめ、縁の下の力持ち、本物志向、きたものを受け容れる、老師のイメージ、発言に説得力がある、伝統あるものが好き、知識が豊富、引人に教える仕事が向いている 病 妄想、空想、夢見がち、ロマンチスト、現実と空想を行ったり来たり、迷いやすく混乱する、細かいことに気がつき繊細、ひらめきを生かす仕事が良い 死 100%や絶対なことしか信じない、数字やデータの信用性を重視する、直感力に優れていて先見性がある、ゼロから何かを生み出す力が強い、一度決めたことに対してはストイックに行動、占いや宗教・哲学などスピリチュアルが好きな面もある 墓 一つの事に集中すると良い、探求心が強い、強いこだわり、収集癖、内向的で研究熱心、先祖との縁が深い、貯蓄に向いている 絶 スピード感、センスの良さ、人間離れしている、天才の星、飽きっぽい、人から裏切られたり、苦労をすることが多い、組織の中で浮きやすい、自由な発想とひらめきが重視されるところで活躍、常に変化する 6.空亡グループ(くうぼうグループ) 子丑・寅卯・辰巳・午未・申酉・戌亥の6つのグループから成る 【持っている特徴】 ●子丑空亡グループ(初代運) 持っているもの→目下・部下 北の位置の空間がかけていることから、目上や親、上司からの援助を受けにくく、若い頃に苦労する運勢。 「初代運」を生まれながらに持っており、「自分の代から始まる」といった状況に向いている。 二代目以降として親の跡を継がせようとすると、本人は「自分のやりたいことを自分からスタートする」という欲求が満たされないため、不満がたまって親に反抗的な態度を示すようになる。 若い頃に苦労した子丑空亡の人は、自立心が強いことから、とても努力家で頑張り屋。情も熱く、物事を着々と積み重ねていくのが得意。 ●寅卯空亡グループ(後継者運) 持ているもの→自分の配偶者・子ども 「東」の位置、つもり「守備本能」が欠けていて、東の反対側である西の意味合い(攻撃本能や家庭など)が強調されますので、攻めには強いけれど、守りが苦手。 東の位置が欠けているため「母親や兄弟」など、実家との縁が薄くなりがちで、そのため、西の位置の意味がある、自分の家庭を持つことや「配偶者」に意識が向きやすくなり、そのため、結婚願望は強く、家庭を持つことで自分の運気もあがる。 自分の生まれ故郷を表す、東の位置が欠けている寅卯空亡の人は、血のつながりがある家族よりも、友人に対しても熱心に情を傾ける。そのため、社交的で人からも好かれる。 中年期以降にぐんぐん運気が上昇するような運勢を持っており、30代からが楽しみ。ただし、エネルギーが大きいが故に、空亡の時期の落ち込み度も大きい。 ●辰巳空亡グループ(独立運) 恵まれているもの→実行力や判断力 天上の位置(精神・心)が欠けていることで、反対側である地上にある「中央」の意味合いをもつ、現実世界に強く、理想や空想、目に見えないものには興味が薄く、考えるより行動する方が現実的だと考える。 「中央」の位置は「引力本能」の位置であり、愛やお金を引き寄せる位置でもあり、人を惹きつけるだけの魅力を持ち、愛と財を引き寄せてどんな環境でも生きていける。 「精神性」や「心の世界」が欠けているので、机上での勉強よりも行動が伴った経験によって大事なことがわかる。 枠にとらわれない人なので、考え方も人と違う視点で考えることができ、いつも斬新なことを思いつく。そんな長所を伸ばしていくためには、平凡で毎日同じことを繰り返すような日常は向いていない。 ●午未空亡グループ(末代運) 恵まれているもの→親・上司・目上 南の位置が欠けているので、子供や部下運が薄くなりがちです。子供ができにくいというより、疎遠になりやすいということ。子供は、家業をつがず親元を離れがち。女の子であれば、縁が繋がりやすい特徴がある。 ...

【四柱推命】占い師(鑑定士)として大切にしている事

占い師になった仲間から 「占い(鑑定)をする上で大切にしている事は何ですか?」と聞かれました。 私は 「目の前の人とその人の生きる力を信じている」 とお答えしました。 大切にする事というより〈在り方〉なんですが。 目の前の方が、今がもし辛い時期でも、やさぐれそうになっていたとしても、ご自身が目指す道を歩む事ができるってわかっている。 そして、1人ひとり方法は違えど、誰しもそこに行く力を持っている。 だから無駄に心配もしない。 「大丈夫」 ってただそう信じている。根拠なく。いや実はあったり(笑) 起こるかもしれない問題を予測してお伝えはするけど、人生の素晴らしい機会は奪わない。 歪みがしょうじていれば、それを調整する方法をお伝えしたり。 ただそれだけなんですよね。 さてと、今日も夕陽が綺麗だわ 《補足》そしてみえるんですよ。心安らかに目の前の方を感じているとその人がねっ これは占いの領域ではないのかもです。

【四柱推命】鑑定の取り扱いかた♪

統計学だったり、精度が高いタイプの占いや鑑定でも、自分の直感や感覚より精度が高いものはありません。 ◯◯の時期だからダメの概念も最近は崩れてきていますし、個人の物事の捉え方によっても変わってきます。 例えば安定を良しとする人は、今までと違うパターンがくる事が不安かもしれませんが、 変容を楽しむ人は、目まぐるしいイノベーションを良しとするでしょう。 そして「凶」(私の鑑定ではそういった概念はないです)の時は、おこる事象の云々ではなくて、その時期陥りやすい心持ちの状態を表すことが多いです。 だから、自分の中心がしっかと有れば竹のようにしなるだけ。 私は、四柱推命もあらゆる占い、鑑定も好きですが、一人一人が、自分の内から発する事に集中して、陰徳を積み重ね自らの美学を生きたら占いとか癒し系の諸々ってそう要らないと思ってます(元もこもないですねw) 当たる当たらないは後天的な要素。 自分の命(めい)を生きてる人は何故か当たります。

【四柱推命・命式】2020年・下半期~日本人の魂に根付くスピリットのこと

2020年・下半期が始まりましたね。 今日は、早朝に朔日参りに行ってまいりました。 拝殿で手を合わせている皆さんを拝見して、私なんだか嬉しくなりました。   古の時代から日本人の魂に根付く、スピリット。 神々を敬い、人に礼を尽くし、節目を大切にする。その礼儀礼節を大切にする精神こそ スピリチュアルだと思います。(このワードが独り歩きしているようで、本当はこの言葉をあまり使いたくはない)   それは本来、不思議な事ではなく、ましては好きとか嫌いとかではなく、日常で在り、生活であり、儀式で祷りだ。 粛々と、淡々と私たちの魂に刻まれているもの。 例えば「いただきます」と手を合わせ、食事に携わってくれた方々や、地球の恵み・食材への感謝を表すること。 私が小さい時に祖母が良く言っていた、「天道様はお見通し」 ~地上をあまねく照らしているお天道様は、人がすることならすべて見抜いているから、悪事はいつかかならず白日のもとにさらされる~という言い伝えなど。 このような精神が知らず知らずに私自身の生きる指針になっている。 そんな事実が こよなく愛しくて、伝えてくれた今は亡き祖母に心からありがとうと思います。 大げさでなく、このようなスピリットを本質で持っているからこそ、迷い、落胆し 苦しい時も、道を踏み外さなかったように思う。 さて、私事ですが昨日ふと「麗人として生きる」とひらめきました。 麗人とは、~容姿の美しい女性。美人。~ という意味らしいのですが、私の解釈はそれとは違います。 私は「麗人とは、思いやりと品格を持ち、賢い。そのうえ理性的で、謙虚、上品」 そのような女性をあらわします。 礼儀礼節を重んじる、そのような女性です。 人生も半ば、私は自分の老後を決めています。 「優しい世界を創るリーダーの相談役で在り、よりどころで在る」 よりどころ:麗人になるべく、日々を楽しくも有意義に過ごします。 お仕事を進めたり、生きていくうえで、人生を有意義に過ごしたい方。 ただなんとなく過ごしているだけでは、あっという間に時が過ぎ、 本来持つ望みや、目的にたどりつくことができません。 鑑定&セッションで「本質の思いを顕在化して具現化に導くサポート」をしております。 ▶四柱推命鑑定&セッション https://mayuyu.online/life-appraisal/ ▶予約可能日   読んでいただきありがとうございました。

【四柱推命】「本当の望む未来」に近づき成果を出すために

望む未来に近づき成果を出すという事~自分を知る明確に定義する~ こんにちは。琉です。 *写真は内容と関係ありません。イルカと泳ぎたいな(^^♪ さて、私は仕事がら、たくさんの方からお話を聞く機会に恵まれています。 それと同時に、「開運法」「成果を上げる方法」 などをよく尋ねられます。 それでお答えするのですが、 まず大切なのが、「究極どうでありたいのか」 そしてそれが、細部まで明確か。が重要です。 それがわからないと、自分が本当に求めているものからずれていくので、 目標の設定も出来ないし、出来ないので優先すべきことがわからず、 ただなんとなく過ごしてしまい、「あっという間に2020年が終っちゃった」 なんてことが起こってしまいます。 それでも楽しいかもしれませんが、成果を出すかと問われればちょっと違うかなと思います。 曖昧さはあいまいな現実を創る。 では明確にするにはどうしたらよいか?? まずは、「自分に向き合う事」 それをベースにしたうえで、やはり「人との関係性の中で自分が見える」「自分に気づく」 ことが多いと感じます。 人と関わり話したからこそ自分を知るのです。 自分は、「こう思っていたけど相手はこういう事、言っていたな。」 「パートナーに良かれと思って言ったのに、なんかムッとさせて変な雰囲気になったな」 とか、自分の〈よかれ〉と相手の〈求めている事〉の表現方法のちがいなどに 自分(相手)の〈大切にしている事〉のポイントが在ります。 *ここで大切なのは、「違うから仕方ない」ですませずに 相手と自分を調和させることなのですが、そのことはまた別の機会に。 最近私は、人生設計図を書き上げ、事業計画書の作成をしているのですが、 人生設計図の中に「私の取扱説明書」という項目をつくりました。 その中に〈こだわりが強い〉 と自身の事を説明しています。 しかし、一言で〈こだわりが・・〉といっても そのこだわりが、 どこに向いているのか 何に対してなのか そこが重要であり「どうありたいのか?」のヒントが隠れています。 例に挙げると、私は肩書きややっていることををあらわす名詞には まったくこだわりがなく、 「占い師」でも「鑑定士」でも なんとでも呼んでください。と思っているし、 「鑑定」「セッション」という名詞でもなんでもいいです。 なんなら「名前を間違われる」とかまったく気にしません。 しかし、内容の 「相談者様の本質の思いの顕在化と具現化を大切に守りながら、 時代に合わせて最新の解釈をする」 「私の価値観・先入観・客観的な現実は関係ない。それにとらわれない推命をする」 という事には並々ならないこだわりを持っています。 そして、自分の定義を持って大切にしています。 私にとっての 「幸せとは」「愛とは」「お金とは」「仕事とは」「成功とは」 何なのか・・・ それがわかると、自分が本当に求めているものが明確にになり 具体的な成果を生み出すための目標を立てることができます。 流れに身を任せ、直感・直観も良いのですが できれば、右左、上下からの情報の両輪をバランスよく使う方が スムーズです。 そして内省と同じくらいシェアが大切で、効果的だと感じます。 私は長らく自分の事は自分でよく知っているから自分の事は自分(だけ) でしたいと思っていましたが、 それは、「不遜」であり ・自分の能力への過信 ・自己=他者への不信 ・テーマを軽んじていた のだわと最近は感じています。 質問です 「あなたは、自分の幸せが何かを知っていますか??」 「仕事が軌道に乗るという状態はどのような状態をさすのでしょう」 是非大切な人とシェアをしてくださいね。 最後に 昔から言われている開運五条件を記します。 基本的な原則です。 一命、二運、三風水、四積陰徳、五読書 いちめい にうん さんふうすい よんせきいんとく ごどくしょ 1.命(持って生まれた性格を上手く発揮する) 2.運(その時の流れ・天運に乗る) 3.風水(環境全般) 4.積陰徳(陰徳を積む) 5.読書(知識・知恵を付ける) 運は貯めれます。 徳の高いひとこそ、運気の悪さに引っ張られることはないと、教えていただきました。 わが身を振り返ります。 7月の予約の日程です。 https://mayuyu.online/schedule/ 少しずつ埋まりつつあります  

四柱推命 軸を持ちしなやかに生きる

お越しいただきありがとうございます。 琉リラです。 最新のスケジュールはこちらをご覧くださいませ☆彡https://mayuyu.online/schedule/ 学校が休みになるため自宅勤務になります。書式鑑定&オンライン鑑定に変更いたします。 今日ご紹介する内容は、私が行っている教室で講座の時にいただいた質問です。 〈質問〉「私は一見すると相反する2つの星を中心に持っています。 バリバリと好きな鑑定のお仕事をしたいな~そのために準備をしなければなぁと思う一方で、 ノンビリと自分のペースで働きたいし発信も苦手だなと思ってしまうんですが そういう場合はどうやったら上手くいきますか?」    二つの相反するこころ この2つの星および自分の欲求の一つは「高みを目指したい」 もう一つは「楽に好きな事だけをしたい(楽したい)」 相反するため矛盾してるように思います。 さて二つを組み合わせてみていきましょう。   「好きで楽しいと思うことを、向上心を使って貫いていく」 「あるものを伸ばしていく」と考えてみると良いですね。 一言で発信が苦手といっても発信にはいくつもの手段が在ります。 正直全ての発信が不得意で嫌いな人はいません。 例えば 構成を考えるのが不得意。 長文が苦手。 スマートフォンやPCが疲れる。 読者の目が気になる その他諸々の理由があります。 発信が苦手と決めつけず、苦手な理由に注目して最善を尽くすほうがよいです。     ものごとは意外とシンプル!!難しく考えない。  こんなやり方が上手くいくはずがない。私にはできっこない、あの人がすごいからできるのだ。とやる前に諦めているのは何を隠そう「自分」だけなのです。 「できるかどうかわからない・・・」 「わかってはいるけど・・・」 ではなくて、   「楽にやりたいことをやりながら向上するやりかたで仕事をする!!」 と決めたら、現実はちゃんと動き出します。 逆に強く出来ない自分を決めていると動きません。 そこにとどまることは思い込みの証明になりこの証明の繰り返しは強い前提を生み出していきます。  私たちは常にこのようなあらゆる相反するこころを持っています。 「好きなことで楽に仕事にしたい!ついでに稼ぎたい」魂ではそう思っているのに 「我慢と何かを犠牲にしないと稼ぐことなんてできない!」と思考でシャットアウトしている人がとっても多く(0地点問題)これが上手くいかない一番の原因だったりします。 *補足しますと、発信が苦手の奥に「人にどう思われるかが気になり表現できない」この0地点を癒したのちに大きな推進力が生まれます。  思考が拒否していることは、本心とは違うことなので稼ぐことが辛いしなかなか行動できません。 例えば、やりたいことやお役目の中に「人のお困りごとのアドバイスをすること」があると四柱推命の鑑定士やその他の占い、セッションはやりがいや、歓びになります。 しかしそれがあったとしても「稼ぐ」がやりたいことでなく、 また告知が楽しくお得なことを伝える手段ではなく義務感でやる事に感じるならばシンドイ事実となり動けなくなっていることが大いにしてあります。  習った四柱推命を活用し、鑑定士デビューするには「発信力や推進力が必要」 と思い込んでいるのかもしれません。そしてそれはあった方がいいのは確かです。 しかしなければ活動できないわけではありません。 そういった思い込み(今ないものを悲観する)を採用していると 「好きなことなのに動けない」 「あの人は前に進んでいるのに」 と、どんどんしんどくなってしまいます。 それだったら、思い切って文章を最小限にとどめて 写真や、音声の発信の方がよっぽど楽しめるし有効的かもしれませんね。 また、告知や発信をチーム(人)に任せることもできます。  また厳密にいうと、発信力は文章の巧みさもさることながら、 思いの強さや、まっすぐさです。 そのまっすぐな思いは、心からの好きからうまれます。  「やりたいことがあるのに動けない」のほとんどは、思い込みによるもので、扱うものははっきりしているけど、「扱い方」や「それを通して何を伝えるか」が本当に願っているものとボタンのかけ違いがあるのかもしれません。 鑑定やセッションよりも、みんなで和やかにお話しをするお茶会や、講演会。知識を伝える講座がいいのかもしれないし、 対面よりもオンラインがいいのかもしれません。 可能性もやり方も一つに限りません。 まとめ 本心と行動がマッチしていない限り、「楽しんで仕事をして稼ぐ」のは無理です。  そんな時に、巡ってきたエネルギーが低い時に不調をきたします。 四柱推命は鑑定以前に、自分の星を思い込みを外しつつ生かす為にあります。 なりたい自分になり、やりたいことを仕事にし思う存分利益を上げるための星を活用していってくださいね!  四柱推命鑑定のご用命はこちらです。https://mayuyu.online/life-appraisal/

【四柱推命鑑定士】どんな場面でも好転させる力がある

お越しいただきありがとうございます。琉リラです。 最新のスケジュールはこちらをご覧くださいませ☆彡https://mayuyu.online/schedule/ ☆彡学校が休みになるため自宅勤務になります。 書式鑑定&オンライン鑑定に変更いたします。 今日は、「変化は常に可能性の幅を広げるお宝である」、というお話です。 近頃は、まあ不安感をあおるようなメディアの発信をよく見かけるようになりましたね~。 2020年は変化、革命の年なのは理解していましたが、正直予想を上回りました。 そして、誤解を生むことを覚悟で申し上げるなら、チャンスに変える時だわ!! と感じています。 ▶過去の2020年の過ごし方ついてのブログです https://wp.me/paFgW8-nV   1970年代に第四次中東戦争がおきたときには「トイレットペーパーがなくなる、大変だ!」と大騒ぎをして、それよりずっと後に、メールなどが普及してきたときも「リアルの接触がなくなる!」とざわざわして、 昨今は、キャッシュレス化やオンラインの交流・ビジネス、AI化 に関しても一定の否定的(不安感)な考えがあるのは当然のことでしょう。 人は合理性や論理を説かれても、感情で生きているから。 私はそうです( ;∀;) クラウドファンディングやポルカなどの新しい資金調達の方法がでてきたときも、「自分で稼げ!」「人に頼るな!」とか、内容を深く知らないままにさんざん言われていましたよね。 でも実際は、lineやzoomなどのオンラインを通して新たな文化が生まれましたし、距離を気にしないで全国の人と繋がり、会話やコミュニケーションを、できるようになりそこからあらたな可能性に気づき活用している人が着実に増えています。。 クラウドファンディングにしてもその意味を知る人が増えてきたようにかんじます。 変化を機会に、「選択肢が増えた」ということです。。 人はタイミングとスピードを重要とするコミュニケーションにはオンラインを使って、楽しみの交流では直接会うようになったのですね。     変化もピンチもチャンス 私は変化の全てはチャンスと思います。 そして、それぞれの変化の段階の心持で、チャンスの形と未来は変わってきます。 すなわち、自分のタイミングによってチャンスのある場所は幾度もあるし、また生み出せるわけですね。   未知の世界があらわれたときは、「知る姿勢」にチャンスの種がある 今までの自分の習慣や、成功法則に慣れ親しんだ人、またそれによって成功体験があった人ほど、新しい法則が出てくるとそれを不安に思い遠ざける傾向にあります。 未知の世界の恐怖は時に嫌悪感をうみだしバッシングを生みだします。 世界中に溢れる人種差別などもこれにあたいする例だと思います。 人は、知らないことには飛びつきにくいし、こわいのです。 恐いから攻撃することもあるのでしょう。 そして 「変わってはいけない!」 「変わると、今の幸せが失われる!」 と何らかの理由を探して抵抗します。 今の体制でメリット・安心を得ている人は現状維持に気持ちが向きます。 だからこそ、 変化の波が世の中のながれになっている時は、 変化によって生み出した 「新しい流れ」を掴み 「新しいもの」を受け入れ生み出し 同時に 「今あるもの」にも目を向け、進化させようとする心を持つ人にチャンスがあります。 「最近の若者は・・」「ゆとり世代は」 と新しい考えや、知らないもの・常識を否定するフレーズは昔から変わりませんが、 少しもったいない気がします。   新しい仕組みや変化を選択肢の一つとして受け入れた人は、可能性が増えていきます。   そして流れる運=気運というのは、「追い風」です。 流れが来たときに乗ろうとするのは遅くて、流れが来たときに大きく両手を広げて迎える状態がベストです。     新しい変化が定着したら伝統に価値がうまれる もう一方で、変化の波が来てそれが定着すると、みんなの意識がそちらに傾き新鮮味に欠けることがあります。 そういう時には、「昔からあるもの」」の価値が高まります。 誰もがパソコンで資料作成などをするようになると、それが当たり前という感覚になります。 そんなとき、一語一句手書きで資料を作成をしていたらどうでしょうか。 「わあ♪この人はわざわざ手書きで書いてくれた!」と嬉しくなって、その温かみに価値を置くようになります。   変わること変わらないことを楽しもう!! チャンスは変化と共にやってきます。 なにかが起きたとき、新しいものに触れたとき、 それに対してどのような感覚や意識を持つかで、未来は変わります。 もちろん、取り入れる・取り入れないは自由で、どちらも良いとおもいます。 ただ、選択肢に幅があることは人生の幅を広げ生きやすくなるとは思います。 「ティッシュペーパーがない!!」とキリキリするより、 「洗えばいいか」「ほかで代用しよう!!」と考えるほうが楽です。 手書きの良さも味わいホッとして、一方でバババーっとデジタルで時短で片づけたり、 それを頼んだりする選択肢があるって安心だなとわたしは思います。 最近は多くの情報が飛び交っています。 それをみて聞いて、感情が生まれることはあたりまえですよね。 直感・決断(自分軸)よりも、気分(他人軸)からの大衆意識に偏ることもあります。 そんな時だからこそ、自分軸で選択や、新しいことを攻める人にとっては、「変化は追い風」です。 「主語は自分」 「選択する理由も自分」 で 「あの人がこうだから」 「ああいわれたから」 はいっさい関係ない こういう風に考えると、うまくチャンスをとらえることができるんじゃないかな、と思います。   私は、高尚さも悟りも目指してなくただ自分を受けいれて楽しく生きることが美徳です(笑) みんなで楽しみましょうね。 今日も読んでいただきありがとうございます。      

四柱推命『あざとかわいい』を賢く仕掛けるNO.1星〈劫財〉

お越しいただきありがとうございます。 琉リラです。 最新のスケジュールはこちらをご覧くださいませ☆彡https://mayuyu.online/schedule/ ☆彡学校が休みになるため自宅勤務になります。 書式鑑定&オンライン鑑定に変更いたします。 さて今日は、うらやましさを通り越してただただ憧れてしまう『あざとかわいい女子』を 四柱推命の星からみて、分析&考察してみました。   あざとかわいいとは?? 今さらいうまでもなく「あざとい」と「かわいい」の二つの言葉から作られた造語が「あざとかわいい」です。あざとく動いているのに、可愛いと思ってしまうあざとかわいい女子は、今みんなの憧れの女性像です!     そして昨日、とあるCMの石原さとみをみて、 「あざといけど、可愛すぎる♡」 と目が思わずくぎ付けになり、このあざとさの根拠を知りたい!!と、 それぞれの特性に大きな影響を与える四柱推命の中心星を調べたら・・ やっぱり!!!! 私があざとさNO,1と思う『劫財ごうざい』という星が中心にある石原さとみさんでした。 その他も、私が好きなのは『劫財女子』ばかり。   あざと可愛く賢い星 劫財(ごうざい)とは⁉ では劫財(ごうざい)の特徴とはどのようなものでしょうか?? 劫財は、 社交、計算、勝つために仕掛ける、 がキーワードです。 効率よく勝つために人や状況を観て、空気を読み、時を読み、 一番良い方法を選ぶ。そんな社交性や計算力、戦略と戦術にたけているのが劫財(ごうざい)さん。 イメージは、諸葛孔明や黒田官兵衛 自我の星なので一本気ですが、相手の出方によって、柔軟に対応します。 駆け引きが非常に巧みで、良い意味でしたたかで計算高い。 表面的には天然をよそおいながらも、いろんな戦略を練っています。 手掛けたことに関しては、勝ちを獲りに仕掛けていきます。とことん策を練るのです。 しかし、この劫財(ごうざい)は計算高いだけの人ではありません。 その特徴を芸能人を例にあげ表現すると、 「ファンが真に求める自分という商品を作りこみ、その情報を届け(表現し) ファンがその価値を効果的に得られるように努力する」 サービス精神の塊で、価値のあるものを誠実に目の前の人にお届けするための努力を 自然にできる真面目で誠実なひとなのです。 女性なら、好きな彼や、パートナーのために、 可愛く見えるファッション、しぐさや言葉遣いを研究し 相手に安らぎや、ときめきを与える天才!! ビジネスシーンでは、消費者が何を求めているかを察知したり、情報を収集し それを形にして成果を出す、賢い人!! よって、劫財さんは、男女ともに非常に人たらしなうえに、仕事のできる人が多く 前、後ろ両面から仕掛けピンポイントで核心を突く能力があります。痒いところに手が届く。そこそこそこなのよーって♡ 表に出る有名人も向いてますが、プロデュースすることも得意な星です。 自分の中心星を調べるには こちらのリンクから、簡単に調べられます。 ▷https://www.magicwands.jp/calculator/meishiki/ ☆彡自分の命式が出たら、 月柱×蔵干(ぞうかん)の下にある通変星(つうへんせい)が交わるところを見てください。 〈例〉 ・比肩・劫財(自立・主体性の星) ・食神・傷官(本能・遊びの星) ・偏財・正財(お金、人脈の星) ・偏官・正官(理性・行動の星) ・偏印・印綬(知性・名誉の星) この漢字十個の星を「通変星」といいます。この漢字に注目してくださいね。 もし自分の命式に『劫財ごうざい』がなくても劫財が巡る年はその特徴が色濃く表れますよ。   劫財を中心に持つ有名人   女性 石原さとみ 深田恭子 新垣結衣 吉高由里子 ローラ 安室奈美恵 満島ひかり 宮崎あおい 男性 岡田准一 櫻井翔 中村倫也 香取慎吾 大野智 堀江貴文 安倍晋三首相 小泉進次郎 志尊淳 伊野尾慧   まとめ あざといとは 自分をプロデュースできる 自分の価値をよく知っている 周りをよくみて感じる観察力 頭の回転が速くそれをひけらかさない 高い向上心で自分の理想に向かいどんどん上へと登って いく劫財さん。 私、大好きです ♪(⋈◍>◡<◍)。✧♡ これからも目が離せません。   以下、続々とお申込みいただいています♪ご案内です。 〈3月特別企画!!データor メールor鑑定書(紙)お仕事鑑定〉  3月14日締め切り!! あなたが仕事でその特性や資質を活かすために、四柱推命で分析、ナビゲートします。自分の仕事における、取り扱い説明書をゲットして、春からの新しい門出に、ウキウキの華をそえましょう!! 自分に合う仕事を見つけたい! 自分の強みを、伸ばして豊かになりたい!! それはみんなの願い。 あなたの持って生まれた特性や資質を細かく紐解きあらわにします。 またその特性や資質を生かす方法や、働き方など。 唯一無二のあなたが、強みとそれを最大限に生かせる方法についても詳しく読みといていきます。 そして、あなたの才能の開花と飛躍をはばむ一番の要因 ((+_+))感情のブロックや陥りがちな失敗の傾向にも触れ その対処の方法、心の中庸『安定』を基盤にもちつづけるコツ・在り方についても 詳しく説明いたします。詳しくはこちらです。click▶https://wp.me/paFgW8-w5 今日も読んでいただきありがとうございます。            

成功するから幸福になるわけではなく幸福を感じるから夢が叶う

お越しいただきありがとうございます。 琉リラです。 最新のスケジュールはこちらをご覧くださいませ☆彡https://mayuyu.online/schedule/ ☆彡学校が休みになるため自宅勤務になります。 書式鑑定&オンライン鑑定に変更いたします。 今日は【感謝のこころ】について・・・ わたしが思うのは、鑑定も占いも、おみくじもただのしるし。 受け取り方ひとつで、先の結果が変わるといっても過言ではありません。 当たり前だけど、 あれがない、あれが不満。不安。 〇〇された。〇〇ができない。⤵︎ より コレもある。こんな状況だからこそ気づきがあった。得るものがある。これを試してみよう。こうしたらもっと良くなるかな。⤴︎ と考えるのでは幸福度も違えば結果も大きく変わります。   無理にポジティブシンキングになる必要もないし、問題を無かったことにして、 楽観的になるのもちょっと違和感です。 ただ、色んな方の話を伺ったり、背中を見ていくうちに、 シンプルに 物事がうまくいく人の共通点は「感謝のこころ」 だと感じます。 今在ることや、日常、周りの方々への感謝。 そのベースがあると、「こんな世の中だから仕方ない」「会社が、あの人が〇〇だから」のような 委ねる思考から、物事を自らの手で創造していく思考になり、 自分以外の人や社会がどうやったら循環していくかに思いが巡るようです。 とはいえ、嘆くような事態もあるし、投げ出したくなるときもきっとありますよね。 私はたくさんありました。 そんな時のSOSの声を、拾い上げたいし、そんな社会にしたいですね。不満のその先へいき、どうしたらよいかを考えます。 そんなことに気づかせてくれる周りの方々に囲まれていることが頼もしく嬉しいです。 なんてそんなことを感じた本日でした( *´艸`)♡ とりとめもないことを綴りました♪   以下、ご案内です。 〈3月特別企画!!データor メールor鑑定書(紙)お仕事鑑定〉 あなたが仕事でその特性や資質を活かすために、四柱推命で分析、ナビゲートします。自分の仕事における、取り扱い説明書をゲットして、春からの新しい門出に、ウキウキの華をそえましょう!! 自分に合う仕事を見つけたい! 自分の強みを、伸ばして豊かになりたい!! それはみんなの願い。 あなたの持って生まれた特性や資質を細かく紐解きあらわにします。 またその特性や資質を生かす方法や、働き方など。 唯一無二のあなたが、強みとそれを最大限に生かせる方法についても詳しく読みといていきます。 そして、あなたの才能の開花と飛躍をはばむ一番の要因 ((+_+)) 感情のブロックや陥りがちな失敗の傾向にも触れ その対処の方法、心の中庸『安定』を基盤にもちつづけるコツ・在り方についても 詳しく説明いたします。詳しくはこちらです。click▶https://wp.me/paFgW8-w5 今日も読んでいただきありがとうございます。    

勝手に四柱推命鑑定『恋つづ』の佐藤健さん

  お越しいただきありがとうございます。 琉リラです。 最新のスケジュールはこちらをご覧くださいませ☆彡https://mayuyu.online/schedule/ ☆彡学校が休みになるため自宅勤務になります。 書式鑑定&オンライン鑑定に変更いたします。 今回は、クールな見た目と「超上から目線な演技が最高」と話題になっている 佐藤健さんを、勝手に鑑定しました。 なお、有名人のあの人を鑑定してほしい!!というリクエスト、絶賛募集中です。   まず、私が鑑定をする際に着目する5つのポイントを挙げます。 ㊟このポイントを押さえたうえで、お一人ずつ違うタイミングでやってくる10年運と、1年運の組み合わせで、近未来は占います。 ■四柱推命鑑定における5大ポイント 中心星(元命)・・・ 生まれ日の干支(おひとり、おひとりの核・神)を基準に求めだした自分に最も影響が大きい星。無意識、本来の自分を意味する。 中心星2・・・専門用語が難しいので、中心星2とこちらでは説明いたします。運命表上では、中心星のうえに位置する星で、表の顔や、周りから見た自分の印象。外面を意味します。社会に出たときの自分です。 日干(にっかん)*生まれ日の干支かんし・・・おひとり、おひとりの核・神。星を求める際のかなめ、基準。まっさらな自分 10年運 ・・・人によって違うタイミングでやってくる10年毎に入れ替わる気運 年運・・・1年毎に入れ替わる気運 *10年運の影響の方が大きいと言われている。 以下の表に各見どころポイントの番号を記しています。 この5つの項目と、運命表の「木・火・土・金・水」からなる 五行のバランスをおさえておくと、大まかな概要は把握できます。 では、佐藤健さんの、5つを挙げその、性質・特徴を記します。   中天 21日 3月 1989年 壬午 庚辰 丁卯 己巳 食神 正官 印綬 沐浴 養 胎 長生 偏官 偏印 正財 正官 2020年運 大運(2015~2025) 庚子 甲子 比肩 偏財 死 衰   ■佐藤健さん 四柱推命鑑定5大ポイント 中心星・・・正財(せいざい) 柔和で家庭的、慎み深くまじめです。そのため、自分の枠からはみ出すことがなく、慎重に物事を進めていきます。堅実で、間違いなく積み重ねていくことができます。経験を積むことで成長するので、育った環境に影響されやすい傾向です。とても庶民的感覚で現実的です。安定した生活と仕事を求めてます。 中心星2・・・正官(せいかん) 規律と正しさを重んじる出世の星。男性からみたら子ども 女性からみたら夫の星。きめられた枠の中で、まっとうに倫理に従い生きる優等生。どこか高貴で、品格がある。ステイタスに弱い。険が出来る星です。 日干(にっかん)・・・庚辰(かのえ・たつ)魁罡(かいごう) 陽の金の庚(かのえ)は、必要のないものや、自分の正義に反するものをバッサリと切っていく決断の刃。辰(たつ)は陽の土。この二つに組み合わせは、静かな中にも闘志を秘めているタイプ。 勝負事の際にはその部分が強調され、負けず嫌いな面を見せることがあるでしょう。 人間関係は、不器用な面があり、物静かかと思えば、急に激しく感情をむき出しにしたりと、周りが戸惑うことも。内面に持っている能力と、それをアピールできないジレンマが複雑な個性を生み出しているようです。 2020年(31歳)運・・・ 比肩(ひけん) 独立したい気持ちが高まったり、積極的に行動できるようになります。  物事を立ち上げたり、新しい自分に向かって努力する力が湧いて来る時期です。 新しい仕事の企画や転業もこの時可能です。 欠点は自分だけの考えに陥りやすく、人間関係のトラブルや金銭面での失敗など、 マイナス要因も多く出やすい時期になります。 しかし多少の苦労はあっても乗り越えられる運気です。 26歳~36歳運(佐藤さんの10年リズム)・・・偏財(へんざい) 大きく動いて、大きな財を得るときです。偏財は商売の星であり、この星が巡る年は、経済活動を盛んにすることになります。 一見、お人好しのようにみえて、...