ホーム 著者 からの投稿 琉リラ

琉リラ

58 投稿 0 コメント

四柱推命における空亡の過ごし方

「気運を掴み望む未来を創る」8月より 繭香改め、琉リラとして、再スタートをきりました! 随時、鑑定士のプロになるための講座の生徒さんを募集しています。昨日新しく入ってこられました。マンツーマン指導・少人数制で丁寧にわかるまで向かい合うのがモットーです。お問合せ大歓迎です。お気軽にどうぞ。https://peraichi.com/landing_pages/view/sityuusuimeikyousitu さて、わが、息子は夏休みが明けたと同時に体調を崩し、トホホとなりましたが、9月は私にとって四柱推命における空亡の月です。(余談ですが私の空亡は申の8月・酉の9月です) こんな時こそ慌てず騒がず、目の前のことを着実に丁寧に取り組むことにします。 皆さんは、ご自分の「空亡」てご存じでしょうか?四柱推命・占いとかで検索すると調べれますので、よろしければ調べてみてくださいね。では、空亡とはなんなのでしょうか?まとめてみました 空亡とは?? 「空亡」とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干に「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の一二支を組み合わせたときに、はみ出し余った、2つのえとの組み合わせからなり、空しく(むなしく)亡びる(ほろびる)なんて嫌な漢字があてがわれていますが・・ただ、下を向いて過ごすなんてもったいない!!では、空亡の時期はどうすごしたらよいのでしょうか。 空亡は 2日/12日・2ヶ月/12ヶ月・2年/12年という単位で巡ってきます。 空亡の過ごし方 |基盤づくり~ 自分の基礎・土台となるものを着実に作り上げる。1歩ずつまえに進み日々の生活を丁寧に送り、好ましい習慣をつくる。 |基本にかえる~自分が大切にしていることが何かを改めて知り、意識する。何をするにしても、それぞれの、大切にしている目的があります。それを意識するとおのずと行動が、そこに合わせていきます。空亡の時こそ基本です。 |自分磨き~空亡期は新しいことを始めるよりも、あるものを育てるのに向いています。お仕事のスキルアップのために取り組んだり、体と向き合い整えることもいいですね。 |のんびりする時間をつくる~空亡期は物事の移り変わりが激しく、気忙しく気分も安定しないことも多いです。そんな時こそあえて休み、リラクゼーションや、マッサージ、温泉旅行などでかけるとよいですよ。 |力を温存する~空亡が明けてから、スタートダッシュをかけれるように精神面、身体面、経済面すべてにおいて力を蓄えておきましょう! POINT☝ 空亡期はいわば、0地点です。気分が優れないときもありますが、この時期にいかに自分を癒し、自分の中心に身を置くかで次のパフォーマンスが変わってきます。焦っても、騒いでもいいので、深呼吸して休み休み一歩づつ前に進んでいきましょう。 鑑定を通して、お一人一人の煌めく才能を発見♡皆さんが、夢に挑戦する毎日を過ごせますようにお手伝いします!!

9月のご予約可能日

秋の気配をかすかに感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?8月は、夏休みで、養成講座だけに集中していました。 お問合せいただいています、9月のご予約可能日時をアップいたしました。残りの枠がわずかになっています。2019年もあと4ヶ月をきりました。2020年の飛躍とわくわく生きるためのご提案などさせていただいてます♡また、開業や、契約事に向いてる日、お子様の進路についてなど、この時期は、具体的なご相談が増えております。 何かを始めたり決めるにあたり、日取りや対策は、知ることで選択の幅が広がり安心感につながります。万全に越したことはありません。ご相談下さい。 お客様の声を参考に、新たな鑑定メニューの追加や、鑑定メニューのリニューアルに向け準備を只今進めております。こちらも整い次第ご案内いたしますので楽しみにお待ちくださいね❣   9月のご予約可能日 9月18日 13:00~ /9月20日 15:00~/9月27日 10:00~・13:00~・15:00~の残り3枠になります、よろしくお願いいたします。

四柱推命 結婚相性鑑定 小泉進次郎さん、滝川クリステルさん

「気流を読み解き運を掴む」四柱推命鑑定家 繭香改め 琉リラRyu Lilaです。 お盆のさなか台風が日本上陸ですね。私が住む福岡では次第に風が強くなってきています。皆さんのお住まいの地域は、いかがでしょうか? 今日は、突然の結婚発表から1週間経ちました、小泉進次郎さんと滝川クリステルさんご夫妻の相性を鑑定しましたのでこちらに綴ります。 まずは、お二人の命式(運命表)をどうぞ 時  日  月  年 ------------------- 丙  壬  壬  辛  :干 午  戌  辰  酉  :支 丙  辛  乙  庚  :蔵干 偏財...

いつも目指しているところは一つ

人生をかけてしたいこととそこに至るまで 【運を掴み望む未来を作る】 運命鑑定家 四柱推命Mayukaです。 今日は、私の活動に対する想いを記します。私の活動の原点は、過去の暗黒時代にあります。 かれこれ5年前の事だったでしょうか。私はとある理由で人生に失望して、悲嘆にくれていました。 家のカーテンを開くのも、人と話す事も、なんなら人から見られる(認識される)のも嫌で、夢なんてないし、未来なんて来なきゃいいと思ってました (くっ、暗い) そう言いつつも、本心では、状況を好転させたいと思っていたので、色々な方法を試みました。 藁を掴む思いで超スパルタの自己啓発系の教室に通い、ただでさえ自己肯定がかなり低い弱った状態なのに、自分の不甲斐ない事実である要素をバシバシ指摘され、叱咤に次ぐ叱咤を受け、余計心がペシャンコになりました。その時の私には、叱咤や指摘より、癒しが必要だったのだと思います。 耐えれずに、そこから逃亡した後に、様々な出会いと、様々な叡智をいただきました。   水を得た魚のように私はなり、好奇心のままいろんな場所に行き、会いたい方を訪ね、仲良くさせていただいた友人から、沢山の学びと癒しをいただきました。 その出会いのおかげで、あまり人との交わりが好きではなかったのですが、人を信じ、好きになり、人との関わりを楽しめるようになりました。 「こんな人達がいる世の中って素晴らしい♡」に意識が変換されました。 野生の狼だった私が、人への信頼関係を構築できたのです。*動物占い 狼です。狼は一匹狼という言葉があるようにそのような気質があるようです。 そして、私の心に灯火を与えてくれた出会いに感謝ばかりです。 「世の中って素晴らしい」に意識が変換されてから私には、ぼやっとしながらも、 夢ができました。それは 人と関わる事が苦手だったのに、人とがっつり向き合うお仕事をしたいという事でした。 ただ、自信も知識も決意も経験もなかったし、どう構築するかのアイデアもありませんでした。なんなら目的も不確かでした。 今思えば、自分が何者かの指針や肩書きが欲しかったという事実がある事も否めません。 しかし、それから程なくしてまたミラクルな出会いのムーブメントが起きて、全国に頼れる仲間達ができたのです。 心優しく、応援の精神に溢れまくっている親愛なる仲間です。 その出会いで、勇気と温かさをいただいたのがきっかけで、今は本業にしている四柱推命の鑑定をツールに使い、行く行くは、誰かの居場所を作りにたいという意欲が湧き上がってきたのです。 むふふ。長くなりました。 週明けに続きを綴ります✨

2019年7月 己の核を味わい尽くすとき

運気を掴み望む未来を創る 運命鑑定四柱推命繭香Mayukaです。 今回は、7月の節入り(7日PM6:17)を前に、7月の気運をお伝えいたします。ちなみにこの気運は世の流れを表していて、個人の運気とは異なることをあらかじめ了承ください。 7月の干支(かんし)の支は「未ひつじ」で「味」という字が根源です。「未」は万物が出来上がって美味しく味わうという意です。味わうって、味を楽しむ意味以外でも、身をもって体感する。感じ取るなどの意味がありますが、ポイントはまさしく「机上の空論よりも自身の体験に基づく感覚・感情に実直であれ」ということです 未は、粘り強く目標に向かう気運です。それを読み解くと、コツコツと積み重ねた体感、体験からの吟味が大切。 私の経験で言うと準備や考察に完全形はありません。体験、体感して初めて改善点を見出せ、ブラッシュアップに繋がっています。 それに、初めてのことを、頭でいくら考え、起こりうる事態のすべてを予測しようとしたところで、完璧に物事を遂行することは難しいし、していることの、向き不向きや湧き上がる感情は、当たり前ですが、動いて始めてわかる事です。 だからといって、何も行動のスピードを上げることだけを推進しているわけではありません。むしろ、行動に至るまでまでの感情の動きを大切にしています。そんな感情の動きを含め 2019年7月は、 己の核を味わい尽くす時 がテーマです。己の核とは、信念、大切にしている価値観、譲れないもの、原点など、 自分が絶対的に譲れない思いや、大切にしている信念など自分の原点に立ち返るのです。 そして、2019年7月の干「辛かのと」は、自然界になぞらえると、キラキラに輝く宝石を意味しています。そんなできたばかりの、金銀珠玉の宝石のように扱われる存在である自分のことや、これから貴方が手にするであろう理想の未来像も、鮮明に描いてみてくださいね。描いた未来は既に在るから描けます。それを強く意識した瞬間から変容していくので、楽しみに毎日を謳歌してください。 貴方の金銀珠玉がより一層の輝きを放ちますように。2019年7月 自分に立ち返り、来月の気運のキーワードである、「チャレンジ」に向かって歩みだしましょう。 占いでは人生は変わりません。知った後に活かして実行、実現するのは自分次第ですが、それを導くのも、私の仕事だと思い取り組んでいます。 今日も読んでいただきありがとうございます            

2019年 気運 決めたことは叶う

運気を掴み望む未来を創る 運命鑑定家四柱推命の繭香Mayukaです。 今年も半分が過ぎましたね。いかがお過ごしでしょうか。 今年2019年は、年の干支(かんし)が己亥(つちのとい)ということで、亥は十二支の最後の干支です。何かを終えることで、始まる。または、始めるための余白ができる意味だと感じます。 十二支はそれぞれの象形文字から変化してきて、現在の文字になりました。そして、一年の農耕の姿【種蒔きから取り入れまで】を表現していています。 亥(い)は、農耕の流れでいうと、種の「核」を表す文字であり、実は猪(イノシシ)という動物を指してはいないのです。なんとまあ!!! 今年の干支、十二支最後の「亥」は、植物が成長し実り、次代の種となることを示しています。種の中でじわじわと、核である亥は力を蓄えています。種にエネルギーを溜め、好機をうかがっている状態です。 また、2019年の干、10干の中の陰の土の「己つちのと」は、自然界になぞらえると、田畑を表しています。田畑は、よく耕せるかどうかで、作物の出来に違いがでてきますね。 よって、「己」と、「亥」の要素を踏まえると、2019年は、自己の充実を図る年運になっています。 植物も人も、芽が出てからではなく「行動してからではなく」種が土壌に落ち息吹いた時に「意識した時」すでに新しい人生の扉を開ける可能性が一つ生まれています。表層が深層と一致していたら、例え、まだ表には出てきていないくても、目に見えないところで変化は起こってます。ちなみに、うまくいかないことは深表層が一致していない場合が多いです。   本来なら、決意することで、潜在意識に目指すゴール像が明確に設定されます。潜在意識は、現実とイメージを区別できないため、決めたことや想定したことを現実だと思い込み、ギャップを埋めようとし、私たち人間は、そこに向かうようになっているのです。何故か向かっていかないなら、本来の目的ではない可能性を視野に入れてもよいかもしれませんね。   2019年前半、充実していた人も、そうでなかった人も、きっと貴方が真から思い描いている核があるのなら、種の中でエネルギーを蓄えながら、育ち続けています。 それが花開くためには、決めて覚悟すること。また決めた事が、喜びや至福から始まるなら、より叶いやすいですし、その決意に他者の存在があり、他を思いやる気持ちがあれば尚更のことですね。   さて、四柱推命で使う、暦は旧暦になります。そして旧暦でいうと、2019年7月の始まりは、7月7日七夕PM6:17からです。7月は「未ひつじ」で「味」という字が根源です。「未」は万物が出来上がって美味しく味わうという意です。 長くなったので、7月の月の気運は、また次の機会にしたためますね。読んでいただきありがとうございます。    

四柱推命鑑定 予測カレンダービジネス編 試作してみました。

運気を掴み、望むみらいを創る 運命鑑定家四柱推命の繭香Mayukaです。 皆さん、毎日続けている習慣などは、ありますか?私は、四柱推命に出会ってから、約3年毎日欠かさず続けている事があります。それは、毎日の日干支をそれが載っているカレンダーでチェックすることです。*アマゾンに掲載されている画像をお借りしました。ピンク色の部分、ぼやけてますが丙午みたいな事が明記されてますそれを見て私自身の命式(運命表)と掛け合わせて自身の運気を占っているのです。 [命式表例] 時  日  月  年 ------------------- 庚  丙  己  乙  :干 寅  子  卯  卯  :支 甲  癸  乙  乙  :蔵干 偏財   傷官...

四柱推命 福岡 教室 鑑定 芸能人 セミナー 全国

本質を理解し変容から自己解決へ~ 運命の鑑定家四柱推命の繭香Mayukaです。 最近は、新しく開く教室の準備と動画配信の準備を進めています♡ さて、昨日、嵐のベストアルバム初回限定盤!!がきたー♪ そんなこんなで、私が一番好きな二宮和也さんを勝手に鑑定してみました♡むふ。勝手に 笑笑 二宮和也さん(36歳)命式表 :1983/06/17 :男 :1983/06/06 15:26 日  月  年 --------------- 丙  戊  癸  :干 子  午  亥  :支 癸  己  甲  :蔵干 食神 正官  :天星通変星 正官...

四柱推命 福岡 教室 講座 鑑定 2019 運命 zoom 全国

運を味方につけて望む未来を創る~本質を理解し変容から自己解決へ~ こんにちは。運命の鑑定家四柱推命の繭香Mayukaです。 2019年も、そろそろ折り返しに差し掛かってますね。さて、2019年は「令和」初年度であり、古い概念との決別を意味しています。しかしながらそれは、我々が持つ慎み深さや、奥ゆかしさとの決別では決してありません。 受け継がれてきたもの、思いこまされてきたものの、選別を個人が選択する時なのです。あくまでも、自分の内が指針。最近みんなが口をそろえて言う、「自分を生きる」本当にそうだなと思います。だから、思い切って自分を生きたいものだとは思います。 さて、私の考えでは、「自分を生きる」は=「自分の責任は自分でとる」という事。裏を返せば、自分の人生は自分で舵取りできるという事に他ありません。 目の前の状況は、感情→思考→感情→波動→現象の経路を辿りやってきます。例えるなら、腹が立った(感情)→これをどのように発散するのか、思案する(思考)→やる気がでる(感情)→やる気(波動)が出る→波動に合った現象が起こる(現象)の流れになっています。この一連の流れで意図してコントロールしやすいのは、(思案・思考)の部分です。 直感、いわゆる、ピンときたは大切な感覚ですが、それを検証(思案)した先の感情を経ての行動が一番、現実を引き寄せるにあたり大切だと思います。 ワクワクも、モヤモヤもどこから始まってるかが大切です。そして、思考する事も大切なのです。ここは地球だから。自分のピンを検証してみる事をお勧めすると同時に、その選択を尊重して欲しいなと切に願います。 さて、今夏から自然の摂理とエネルギーを基にした 四柱推命鑑定家プロ養成講座が開講します。 知識もさることながら、どのようにして独立開業するかまでサポートしていきたいと思います。 🔽🔽ご覧くださいませ  我ならウキウキする講座だと自負しています。 https://peraichi.com/landing_pages/view/mayuyu0331 奥義を知りたい方は是非いらしてくださいね♡四柱推命をわかりやすく、しかしながら、専門性が高い学問としてお伝えしています。 独立開業までサポートいたします。 最後まで読んでいただきありがとうございます♥️✨✨        

四柱推命 精神論、感覚をわかりやすく言語化したい

吉も凶もない四柱推命の鑑定家繭香Mayuka です〜誰もが持つ、輝く個性を生かして、一つ階段を昇るステージアップをお手伝いしています。 6月より 四柱推命講座 初級クラスを開講しています。 今後、動画講座などにも力を注ぎたいと、妄想しわくわくしています♡ さて、今日は私の最近のテーマである、 「見えないものを論理的に言語化するために思考する」ということについて、思考しにしてみました(^^) 私なりに。 私はアグレッシブに動いてるからか、感じたら即座に行動の、超感覚人間と思われてますが、そうではなく、取り留めのない悩みをあーでもない、こーでもないと堂々に巡らす達人でもあるんですよ。 「ピンときたらgo、ピンときたら会いに行く」 というスタンスをここ最近とっているのは、実を言うと、これをした時の成功体験を、私の身体と潜在意識が鮮明に記憶していて、それが心地よいから、味をしめてその選択を無意識に選んでるみたいな感じです。 ピンときたらすぐ行動=良い結果 という繭香の方程式が出来上がってます 笑笑 これは人それぞれで、全ての方に当てはまるものではないかと思います。 しかしながら、このような自分が得た感覚.成功体験を結果だけで人に伝えるのには、限界があります。 もちろん、圧倒的なエネルギーやオーラ等を身に纏いたくさんのファンがいるスターもいます。私はそのような方に触れたり、公演を聞きに行くこともよくありました。 そして、そのような方が、感覚やオーラで周りを虜にする方々であることを感じつつ、皆さん共通するのが、精神論を極めて論理的に また、ひたすら地に足をつけて噛み砕き、言語化しているということでした。 仕事をする上で、その内容を伝えるには、まず自己や自分のサービスに興味をもっていただかないと始まらない。 わかりにくい感覚を大切にしている人こそ、それを言語化するのって大切だなあと思います。 それが相手への思いやりであり、親切だなぁと最近、感じます✨✨ もちろん、大切なのは言語化以前の真心ということは説明するまでもありません。 四柱推命の鑑定も、結果はもとより、その結果にいくまでの過程と、より良くなる為の方法を論理的に説明したしたいと思っています。 私の講座もそれを深掘りいたします。 精神論を論理的に説明するは、今の私のテーマですよ。 より良きものを提供できるよう、楽しく精進していきます♡ では。最後まで読んでいただきありがとうございます。