11月の月の流れ 後編【11月8日 11月はじまり】 

コラム
  • 四柱推命を通して、可能性の種を育み、望む未来の創造へナビゲートする・リラです
    そして持ち味は「本音でぶった切り専門鑑定」(´艸`*)

 

11月の予約可能日まだ空きがございますhttps://mayuyu.online/schedule/

 

さて11月8日節入り(暦の上で11月の始まり)を迎え1日が経った今日、2019年11月の運気と過ごすうえでのポイントの後編をお届けいたします。

前編はこちらから→https://wp.me/paFgW8-mY

 

11月の干支(かんし)は、乙亥(きのとい)です。*干支とは木・火・土・金・水の五行を陰と陽に分け、十二支(じゅうにし)と組み合わせたもの。全部で六十の組み合わせがある。

(きのと)は陰の、自然界になぞらえると草花
(いのしし)は陰のをあらわします。

木×水の組み合わせは 草花に水が欠かせないように「生きていくうえで無くてはならない存在にあたります。
「水が木を育てる」というプラスの波動を受ける関係性になります。

 

11月のポイント・乙亥(きのとい)


  1. 境界線を大切にする
    この時期、自分の軸が際立ち輝くエネルギーの流れになります。がその芯はあくまで、自分の生き方に向けるものであり、人にそれを当てはめることはできません。たとえ恋人やパートナーであっても自分の主張や思いとは当てはまらない所もある、という事を心において、自分や相手の生き方、考え方を尊重してください。それは、相手に対する信頼で、信頼を嫌うひとはいません。違いを楽しむ心で接して!!違和感やもやもやは、自分や相手の価値観の確認になります。Lets,
    enjoy!!
  2. 堂々とする
    自分らしくあることに魂が宿り、目に見えないエネルギーと共振しそれの動きを加速へと導く時です。大好きな人を目の前にしても、表現・発言においては、相手に無理に好かれようと自分を演出したり、着飾るような必要はありません。関係を無理に良くしようとせずに正直で、真っすぐな態度や言動が相手を惹きつけます。自分のコアに自信をもって堂々としましょう。
  3. あなたらしさの一歩先を行く装いで
    表現・発言においては、相手に無理に好かれようと自分を演出したり、着飾るような必要はありません。と言っておいてなんですが、ファッション・美容においては、思い切って挑戦してみましょう。テーマは「なりたい1年後の私」それを今すぐ叶えてください。私たちは現実をありのまま受け取っているわけではなく、視覚や聴覚などの身体情報から情報を受け取り(例えば華やかで美しいなど)それを脳で解釈して、世界を構築するある種フィクションの世界を生きているらしいのです。そうしたらば、表から理想の自分を演出して、脳をかきかえるのは有効的です。ここで肝心なのは、理想=私らしさ=真という追及。「私は、目立たない」「平凡」ともし感じているならば、その状態が理想なのかを自分に問いてください。そうでないなら、それは、あなたらしさではないはずです。素早く表から理想の私に書き換えるのも有効的な手です。

 


以上2日にわたり、11月の気運に乗るポイントをお届けいたしました!!
まとめると、自分の信じた道を突き進み挑戦することで、運命の扉があくというエネルギーが顕著になっています。遠慮はいりません。自分のお城を築いて生きてください。「今のありのまま」→「一歩先のありのまま」にむかうときです。

ちなみに後押しと特攻隊長てきな役割は、大得意な私です(´艸`*)

■近日中にメニューのリニューアル記念として、私からすべての読者の皆さまに無料の一言メール鑑定を用意しています。その際はぜひぜひ、受け取ってください!!
もうしばらくお待ちください♪お楽しみに