2020年 1月 過ごし方 四柱推命

今の日本で採用されている暦でいうと、2019年もあとわずかです。
クリスマスも過ぎ、お正月ムードがただよってますね。
2020年1月の気運、過ごし方を書きました。

1月の月の干支(ここではかんしと呼びます)
湿った土を意味する丑(うし)その上の焚き火で消えてしまいそうな弱い灯の組み合わせです。燃え続けるためにはエネルギーの源となる薪、木の力が必要となります。
では、ここでいう必要な木を意味するものを挙げてみました。

2020年1月に必要なもの 創造 行動する意識 自然体 実行する 自信

【丁丑(ひのとうし)の性質】陰の火×陰の水


丁丑(ひのとうし)の時期の性質は、とてもマイペースで、創造性にあふれています。一見のんびりした空気感ですが、向かい風のなか、運気の波を乗り越えていき精神を鍛えるような時です。安定よりも理想や主義を優先します。

丁(ひのと)は、自然界に例えると「灯火」になぞらえます。灯火が暗いところでないと目立たないように、表面的には結果が出ないこともありますが、内部では今か今かと芽を出すのを待っている状態です。また灯火は、何かのきっかけで、すべてを焼き尽くす火に変わる可能性があるように、この時期は、穏やかさの中に、一瞬で火が付くパワーを秘めているのです。

 

【2020年1月の過ごし方】


目的に目を向け、今できることをコツコツとやり続ける。続けることはできるだけ、気軽で簡単なことが良いです。日々続けた、やり遂げたという経験は、1月に必要なキーワードでもある自信につながります。何か思いつきますか?

暗いところで灯を照らすと、見えなかったものまで見えるようになります。この時期は、物事の表面的なところではなく、奥に潜む真実に目をむけてください。
ガラッと大きな変化の波が押し寄せる2020年に向け、情報に流されず自分の中の真実を大切にすると良いでしょう。
参考になさってくださいね。

さて、移りかわる気運(その時期の気のエネルギー)をどう乗りこなし、着地するかは、それぞれの特性によって大きくことなります。

お一人お一人のオーダーメイド鑑定、承っています。

2020年・立春(2月4日)までに目的を達成する道すじをつける、四柱推命セッションです
四柱推命鑑定の詳細はこちら▷http://mayuyu.online/life-appraisal/
お客様と自分に本気で貢献する鑑定士になる講座 ▷http://mayuyu.online/course/

 

琉リラメールマガジン
琉リラがみる四柱推命的な世の中
有名人の四柱推命鑑定など

無料メールマガジンで配信中
琉リラの四柱推命的コンテンツを無料でお楽しみいただけるメルマガです。限定セッションやプレゼント企画のお知らせも受け取れます。
コラム
シェアする
琉リラをフォローする
福岡市の四柱推命 鑑定と教室 | リラの四柱推命