2019年7月 己の核を味わい尽くすとき

運気を掴み望む未来を創る 運命鑑定四柱推命繭香Mayukaです。

今回は、7月の節入り(7日PM6:17)を前に、7月の気運をお伝えいたします。ちなみにこの気運は世の流れを表していて、個人の運気とは異なることをあらかじめ了承ください。

7月の干支(かんし)の支は「未ひつじ」で「味」という字が根源です。「未」は万物が出来上がって美味しく味わうという意です。味わうって、味を楽しむ意味以外でも、身をもって体感する。感じ取るなどの意味がありますが、ポイントはまさしく「机上の空論よりも自身の体験に基づく感覚・感情に実直であれ」ということです

未は、粘り強く目標に向かう気運です。それを読み解くと、コツコツと積み重ねた体感、体験からの吟味が大切

私の経験で言うと準備や考察に完全形はありません。体験、体感して初めて改善点を見出せ、ブラッシュアップに繋がっています。

それに、初めてのことを、頭でいくら考え、起こりうる事態のすべてを予測しようとしたところで、完璧に物事を遂行することは難しいし、していることの、向き不向きや湧き上がる感情は、当たり前ですが、動いて始めてわかる事です。

だからといって、何も行動のスピードを上げることだけを推進しているわけではありません。むしろ、行動に至るまでまでの感情の動きを大切にしています。そんな感情の動きを含め

2019年7月は、

己の核を味わい尽くす時

がテーマです。己の核とは、信念、大切にしている価値観、譲れないもの、原点など、

自分が絶対的に譲れない思いや、大切にしている信念など自分の原点に立ち返るのです。

そして、2019年7月の干「辛かのと」は、自然界になぞらえると、キラキラに輝く宝石を意味しています。そんなできたばかりの、金銀珠玉の宝石のように扱われる存在である自分のことや、これから貴方が手にするであろう理想の未来像も、鮮明に描いてみてくださいね。描いた未来は既に在るから描けます。それを強く意識した瞬間から変容していくので、楽しみに毎日を謳歌してください。

貴方の金銀珠玉がより一層の輝きを放ちますように。2019年7月 自分に立ち返り、来月の気運のキーワードである、「チャレンジ」に向かって歩みだしましょう。

占いでは人生は変わりません。知った後に活かして実行、実現するのは自分次第ですが、それを導くのも、私の仕事だと思い取り組んでいます。

今日も読んでいただきありがとうございます

 

 

 

 

 

 

琉リラメールマガジン
琉リラがみる四柱推命的な世の中
有名人の四柱推命鑑定など

無料メールマガジンで配信中
琉リラの四柱推命的コンテンツを無料でお楽しみいただけるメルマガです。限定セッションやプレゼント企画のお知らせも受け取れます。
コラム
シェアする
琉リラをフォローする
福岡市の四柱推命 鑑定と教室 | リラの四柱推命