私が思う吉運と凶運について

コラム

 

四柱推命を通して、可能性の種を育み、望む未来の創造へナビゲートする・リラです
そして持ち味は「本音でぶった切り専門鑑定」(´艸`*)

四柱推命は命式(個人の運命のカルテ)があります。その中で重要な意味をもつのが通変星です。

通変星とは、

その人が生まれ持った命運を陰陽五行(10の干と12支)になぞらえ記号にし、それをわかりやすく星に置き換えたものです。

この通変星には、吉星と凶星があるのですが、そもそも、吉と感じるのか、否かは、全ての人が等しく同じ答えにはならず、自身が人生で何をテーマに生きているかによって違うと私は感じています。

四柱推命においては、「つつがないこと」また「平均的にバランスが取れている事」を吉とする考えがあります。

 

それは、あながち間違いではないですが、
これは、全ての人が目指す生き方や、自身の価値観に当てはまるわけではないのも事実ですね。

 

環境によっては、色んなことが、平均的にできることよりも、バランスに偏りがあるとしても、一つの分野で突出している事を重宝されることもありますし、

自分が生きる上での先着順位によって幸せの形は、いく通りもあります。

吉とか凶とかを知ることよりも、自分という唯一無二の素晴らしい人間を活かすためには

「自分が何を大切にしているか」
「自分がどこに向かいたいか」
「そこに向かうために自分に合った手段は何か」

を明確にして、それに近づくための選択肢の提案を、私の四柱推命鑑定では大切にしてます。

 

ダメも違うもない、凶もない。
目指す未来を自分で創りあげるための鑑定です。

11月の予約可能日です2020年の飛躍のお手伝いをしてます。
目指すは自分至上最幸の幸せの更新♪
家庭や恋愛、ビジネス、どれも大切で欠かせないもの
そんなあなたを応援します!!
■近日中にメニューのリニューアル記念として、私からすべての読者の皆さまに無料の一言メール鑑定を用意しています。その際はぜひぜひ、受け取ってください!!
もうしばらくお待ちください♪お楽しみに