四柱推命における空亡の過ごし方

「気運を掴み望む未来を創る」8月より 繭香改め、琉リラとして、再スタートをきりました!

随時、鑑定士のプロになるための講座の生徒さんを募集しています。昨日新しく入ってこられました。マンツーマン指導・少人数制で丁寧にわかるまで向かい合うのがモットーです。お問合せ大歓迎です。お気軽にどうぞ。https://peraichi.com/landing_pages/view/sityuusuimeikyousitu

さて、わが、息子は夏休みが明けたと同時に体調を崩し、トホホとなりましたが、9月は私にとって四柱推命における空亡の月です。(余談ですが私の空亡は申の8月・酉の9月です)

こんな時こそ慌てず騒がず、目の前のことを着実に丁寧に取り組むことにします。

皆さんは、ご自分の「空亡」てご存じでしょうか?四柱推命・占いとかで検索すると調べれますので、よろしければ調べてみてくださいね。では、空亡とはなんなのでしょうか?まとめてみました


空亡とは??


「空亡」とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干に「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の一二支を組み合わせたときに、はみ出し余った、2つのえとの組み合わせからなり、空しく(むなしく)亡びる(ほろびる)なんて嫌な漢字があてがわれていますが・・ただ、下を向いて過ごすなんてもったいない!!では、空亡の時期はどうすごしたらよいのでしょうか。

空亡は 2日/12日・2ヶ月/12ヶ月・2年/12年という単位で巡ってきます。


空亡の過ごし方


基盤づくり~ 自分の基礎・土台となるものを着実に作り上げる。1歩ずつまえに進み日々の生活を丁寧に送り、好ましい習慣をつくる。
基本にかえる~自分が大切にしていることが何かを改めて知り、意識する。何をするにしても、それぞれの、大切にしている目的があります。それを意識するとおのずと行動が、そこに合わせていきます。空亡の時こそ基本です。
自分磨き~空亡期は新しいことを始めるよりも、あるものを育てるのに向いています。お仕事のスキルアップのために取り組んだり、体と向き合い整えることもいいですね。
のんびりする時間をつくる~空亡期は物事の移り変わりが激しく、気忙しく気分も安定しないことも多いです。そんな時こそあえて休み、リラクゼーションや、マッサージ、温泉旅行などでかけるとよいですよ。
力を温存する~空亡が明けてから、スタートダッシュをかけれるように精神面、身体面、経済面すべてにおいて力を蓄えておきましょう!

POINT☝ 空亡期はいわば、0地点です。気分が優れないときもありますが、この時期にいかに自分を癒し、自分の中心に身を置くかで次のパフォーマンスが変わってきます。焦っても、騒いでもいいので、深呼吸して休み休み一歩づつ前に進んでいきましょう。

鑑定を通して、お一人一人の煌めく才能を発見♡皆さんが、夢に挑戦する毎日を過ごせますようにお手伝いします!!

琉リラメールマガジン
琉リラがみる四柱推命的な世の中
有名人の四柱推命鑑定など

無料メールマガジンで配信中
琉リラの四柱推命的コンテンツを無料でお楽しみいただけるメルマガです。限定セッションやプレゼント企画のお知らせも受け取れます。
コラム
シェアする
琉リラをフォローする
福岡市の四柱推命 鑑定と教室 | リラの四柱推命