「一陽来復:いちようらいふく」冬至

四柱推命を通して、可能性を最大限に引き出し望む未来を創造します!!

さて、12月22日は冬至です。

▶︎冬至は、一年で最も昼の時間が短く、夜の時間が長い【太陽の力が最も弱まる日】とされています。
そして”冬至を境に徐々に太陽の力が強まる”ということになります。これからの発展を予感するからでしょうか!?冬至を祝う国は多いのです。

古くはメソポタミア文明の頃、暦を初めて作ったシュメール人が太陽神を祝い、古代中国、古代ローマも然り
現代は、北欧で「ユール」と言ってユールログと呼ばれる大きな木の幹を燃やし、火を囲んでご馳走を食べお酒を酌み交わしつつ、12日間祝い続ける風習があるそうです。
ちなみに北欧は、クリスマスをユールというらしいです。

さて、現代の日本では新暦(太陽暦)を採用しているので、2020 年のはじまりは1月1日ですが、四柱推命では、旧暦(太陰太陽暦)でみますので、2020 年のはじまりを立春からとします。

その2020年に向けて、終わらせることと、始まりを意識して、明日の12月22 日から約12日間、グラデーションを描くように、自然なあるがままの自分の心で、願いや目的を頭に描き行動に移してください。

また、食録と、お話、表現の星の影響が大きいので、忙しい年末ですが。会いたい人に会いに行き食事を共にして、語り合うのもいいですね。

ふふ。いつになくネガ要素が強くなっていた方は、おめでとうございます╰(*´︶`*)╯♡
しんどかったけど、モヤモヤを外に出し切るチャンスです。
出し切った先にある、種が咲くのが楽しみですね!!
春の息吹はすぐそこにありますよ♪♪

たまにおこる困難は、飛躍のための素晴らしいエッセンス、貴方の人生に味わいをもたせ、貴方がますます輝くための光です。

その経験で、強くなるのです♡

2019年の冬至、柚の香りに包まれて、身を清めたら身体も心もスッキリするはずです。

では、素晴らしい週末をお過ごしください(╹◡╹)

 

琉リラメールマガジン
琉リラがみる四柱推命的な世の中
有名人の四柱推命鑑定など

無料メールマガジンで配信中
琉リラの四柱推命的コンテンツを無料でお楽しみいただけるメルマガです。限定セッションやプレゼント企画のお知らせも受け取れます。
コラム
シェアする
琉リラをフォローする
福岡市の四柱推命 鑑定と教室 | リラの四柱推命