天地声麗後

最新記事

【10月20日から秋の土用入りしています!!】

皆さん、こんにちは、リラの不定期配信〈土用について〉です。 一般的には、土用の丑の日には夏バテ防止のために鰻を食べて夏を乗り切ろう!というような感じですよね。また、7月の夏の土用ばかりが有名です。 ですが、今日からの秋の土用を含めて、実は土用は年に4回あるんです。 しかも、「土用」は丑の日の1日だけではありません。18日間続く、「土用期間」なんです。*土用の入りの日によっては18日間でない場合もあります。 土用の正式名称は「土旺用事」 これは五行(木火土金水)というエネルギーの中で、「土のエネルギー」が旺盛になるという期間であることを意味しています。 陰陽五行では、この五行のエネルギーのバランスが均等に取れている状態を良しとしています。 ですが、土用期間は土のエネルギーが最も強まるときで、本来の季節のエネルギーを土が奪ってしまうため、「体内の機能が低下する」と先人たちは考えたのでした。 また、土が旺盛になると細胞をあらわす、水を攻撃するので免疫力が落ち気持ちも落ちがちになります。 ■土用にオススメしないこと・注意すること 土いじり~土用期間中は、土を司る土公神(どこうしん)という神様が地上・地中に出てこられ、支配する期間なので、掘り返したり土いじりすることはいけないといわれています。 新しいこと・過労働~この時期は、季節の変わり目で、風が一定でなく、渦を巻く時期なので、気の流れも不安定になります。 その影響で、感情が乱れがちになり、イライラしたり、「カーっ」となったりすることも多いです。体調も崩しやすく、気が弱まるので、精神的に落ち込みやすいとされています。 その他、土に関することもNG 地鎮祭・新居の購入・増改築・引越もNG 穴をあけること壁に穴をあける ピアスの穴をあける等 ■土用期間にやると良いこと 厄が溜まりやすい時期なので、心身の浄化・デトックス系はすべてオススメです。 瞑想・座禅・ヒーリングなど 温泉・サウナ・半身浴 ファスティング・断食・プチ断食(24時間)~少食を心がけましょう! 家の中や足元の強化~大掃除や整理整頓 諸々の定期点検~災害なども多いのでチェックは必要です。 ■まとめ 土用の時期、新しいことや重労働は謹んで、身体と対話しながら心身ともにゆっくり休みながら生活しましょうという、先人の知恵をご紹介いたしました

【その人の哲学をあらわす言葉に私は魅了されてしまう】

〜出会いに感謝〜 人が放つひと言に魂が激しく揺さぶられて、パラダイムシフトのひとつが変わる瞬間がある。それは意図的に発せられたもの〈言葉〉ではなく何気ないものだったけど、その瞬間だけの、対話したもの同士の間に出てきた、最上であり、必要な答え。 シナジー、ケミストリー。 その何気なさは、発信者が持つ哲学を反映する。 そしてその哲学に触れる瞬間がたまらなく好きだ。 何が言いたいかというと、一人一人の哲学に触れるくらいに深く繋がる事をやめられないという事と、最近繰り返しでてくる〈信頼すること〉についてのラスボス答えきたー☆*:.。. それに加えて、四柱推命を通して、まだ会ってないけど、きっと繋がっている地球上の愛しい魂に触れることができました。 嬉しいね⤴︎

【占い師(鑑定士)として大切にしている事】

占い師になった仲間から 「占い(鑑定)をする上で大切にしている事は何ですか?」と聞かれました。 私は 「目の前の人とその人の生きる力を信じている」 とお答えしました。 大切にする事というより〈在り方〉なんですが。 目の前の方が、今がもし辛い時期でも、やさぐれそうになっていたとしても、ご自身が目指す道を歩む事ができるってわかっている。 そして、1人ひとり方法は違えど、誰しもそこに行く力を持っている。 だから無駄に心配もしない。 「大丈夫」 ってただそう信じている。根拠なく。いや実はあったり(笑) 起こるかもしれない問題を予測してお伝えはするけど、人生の素晴らしい機会は奪わない。 歪みがしょうじていれば、それを調整する方法をお伝えしたり。 ただそれだけなんですよね。 さてと、今日も夕陽が綺麗だわ 《補足》そしてみえるんですよ。心安らかに目の前の方を感じているとその人がねっ これは占いの領域ではないのかもです。

【四柱推命やその他鑑定やセッションの取り扱いかた♪】

統計学だったり、精度が高いタイプの占いや鑑定でも、自分の直感や感覚より精度が高いものはありません。 ◯◯の時期だからダメの概念も最近は崩れてきていますし、個人の物事の捉え方によっても変わってきます。 例えば安定を良しとする人は、今までと違うパターンがくる事が不安かもしれませんが、 変容を楽しむ人は、目まぐるしいイノベーションを良しとするでしょう。 そして「凶」(私の鑑定ではそういった概念はないです)の時は、おこる事象の云々ではなくて、その時期陥りやすい心持ちの状態を表すことが多いです。 だから、自分の中心がしっかと有れば竹のようにしなるだけ。 私は、四柱推命もあらゆる占い、鑑定も好きですが、一人一人が、自分の内から発する事に集中して、陰徳を積み重ね自らの美学を生きたら占いとか癒し系の諸々ってそう要らないと思ってます(元もこもないですねw) 当たる当たらないは後天的な要素。 自分の命(めい)を生きてる人は何故か当たります。

【私の至福〜萌えポイント〜四柱推命編】

ツールが好きで得意な四柱推命の諸々を生業にさせていただいてます。 でもね。最近思います。誤解を恐れずにいうと 四柱推命にこだわりはないんです。 ただのツールのひとつです。 それよりも、私が心が震える事は 目の前の愛しい魂と全力で向き合う機会があり、心を繋ぎあい、分かち合い、その人の人生にコミットできること。 だから、生業を通じて大好きな方に会うといいようもないくらいに幸福でちょっと泣きそうになります。 みんなが特別で、愛しい命を抱いて生きている。 そんなことに触れることができてありがとう。 今日はなんだかおセンチです そしてツールは違うけど見据える世界が同じ仲間さんたちと、交差していてありがたいのです。

リラの四柱推命

四柱推命 琉リラ(Ryulila)へようこそ。 今の時代、意思決定・行動のスピードの早さが求められています。 そして、内面の充実も単発的な成功で終わらないためには、大切な要素の一つです。 タイミングを逃さず正しい判断・選択につなげながら、 中長期的な人生設計と成長戦略を描くためのヒントを掴んでいただけます。 今のあなたの問題から課題を発見し、問題解決までサポート致します。 迷っているあなた、お気軽にご利用ください。   〈統計学〉 自然界を五行(木・火・土・金・水)と陰と陽で表し、生年月日と出生時間をもとに、一定の法則で解き明かした、古代中国から受け継がれてきた【統計学】であり【占いの王様】と呼ばれてます。 〈歴史〉 四柱推命の考えができあがったのは、3000年以上も昔といわれています。四柱推命学の基本である干支(天干・地支)は中国の殷代には使用されていた事実があり、殷の皇帝が占術家に占わせ、政治など国を揺るがすような大事な場面や、その後古代中国では、帝王にふさわしいより強い運勢を持って生まれた正当な後継者を決めるなどして使われてきました。また、人間の生年月日の干支から、その命運を占断する「四柱推命学」の基が始めてできたのは、中国・唐代であるとされています。日本には、江戸時代の中期に推命学の書が中国から渡ってきました。 四柱推命でどんな事がわかるの? 四柱推命ではこんな事がわかります。 仕事のこと 〈キャリア〉 自分に合った働き方は何か 今の上司が求めている人物像 職場で昇格するために必要な事 今回の契約・商談を上手く行かせるポイント 〈起業〉 ○○で起業しようと思うが、上手くいくのか? 一緒に起業する○○さんとの相性。またどうすれば円満に仕事ができるのか? いつ起業するのがベストなのか? 新事業の登記や開業などの日取り選定 事務所やテナントの場所 起業することで、成功するタイプの人間か? 〈転職〉 私の適職は何か? 転職するなら同じ職種にするのと、別の業種に行くのはどちらが良い結果を生むか 今の会社は合っているのか 転職するのに適した時期 転職したら、仕事運は上昇するか 転職の際、気を付けた方が良いこと どんな基準で転職先を選ぶと、良い結果になるか 人間関係の事 苦手な人と上手くやるには? 母や父(義母・義父)と仲良くするには? 母や父の現在の状況は? 友人・同僚とのトラブルを解決するには? 〇〇さんとの相性は? 恋愛・結婚のこと ...

2020年・下半期~日本人の魂に根付くスピリットのこと

2020年・下半期が始まりましたね。 今日は、早朝に朔日参りに行ってまいりました。 拝殿で手を合わせている皆さんを拝見して、私なんだか嬉しくなりました。   古の時代から日本人の魂に根付く、スピリット。 神々を敬い、人に礼を尽くし、節目を大切にする。その礼儀礼節を大切にする精神こそ スピリチュアルだと思います。(このワードが独り歩きしているようで、本当はこの言葉をあまり使いたくはない)   それは本来、不思議な事ではなく、ましては好きとか嫌いとかではなく、日常で在り、生活であり、儀式で祷りだ。 粛々と、淡々と私たちの魂に刻まれているもの。 例えば「いただきます」と手を合わせ、食事に携わってくれた方々や、地球の恵み・食材への感謝を表すること。 私が小さい時に祖母が良く言っていた、「天道様はお見通し」 ~地上をあまねく照らしているお天道様は、人がすることならすべて見抜いているから、悪事はいつかかならず白日のもとにさらされる~という言い伝えなど。 このような精神が知らず知らずに私自身の生きる指針になっている。 そんな事実が こよなく愛しくて、伝えてくれた今は亡き祖母に心からありがとうと思います。 大げさでなく、このようなスピリットを本質で持っているからこそ、迷い、落胆し 苦しい時も、道を踏み外さなかったように思う。 さて、私事ですが昨日ふと「麗人として生きる」とひらめきました。 麗人とは、~容姿の美しい女性。美人。~ という意味らしいのですが、私の解釈はそれとは違います。 私は「麗人とは、思いやりと品格を持ち、賢い。そのうえ理性的で、謙虚、上品」 そのような女性をあらわします。 礼儀礼節を重んじる、そのような女性です。 人生も半ば、私は自分の老後を決めています。 「優しい世界を創るリーダーの相談役で在り、よりどころで在る」 *リーダーやみんなが集まるためのサロンも細かく設定してますww 素晴らしい相談役であり、よりどころ:麗人になるべく、日々を楽しくも有意義に過ごします。 お仕事を進めたり、生きていくうえで、人生を有意義に過ごしたい方。 ただなんとなく過ごしているだけでは、あっという間に時が過ぎ、 本来持つ望みや、目的にたどりつくことができません。 鑑定&セッションで「本質の思いを顕在化して具現化に導くサポート」をしております。 ▶四柱推命鑑定&セッション https://mayuyu.online/life-appraisal/ ▶予約可能日   読んでいただきありがとうございました。

「本当の望む未来」に近づき成果を出すために

望む未来に近づき成果を出すという事~自分を知る明確に定義する~ こんにちは。琉です。 *写真は内容と関係ありません。今年はイルカと泳ぐのさ(^^♪ さて、私は仕事がら、たくさんの方からお話を聞く機会に恵まれています。 それと同時に、「開運法」「成果を上げる方法」 などをよく尋ねられます。 それでお答えするのですが、 まず大切なのが、「究極どうでありたいのか」 そしてそれが、細部まで明確か。が重要です。 それがわからないと、自分が本当に求めているものからずれていくので、 目標の設定も出来ないし、出来ないので優先すべきことがわからず、 ただなんとなく過ごしてしまい、「あっという間に2020年が終っちゃった」 なんてことが起こってしまいます。 それでも楽しいかもしれませんが、成果を出すかと問われればちょっと違うかなと思います。 曖昧さはあいまいな現実を創ります では明確にするにはどうしたらよいか?? まずは、「自分に向き合う事」 それをベースにしたうえで、やはり「人との関係性の中で自分が見える」「自分に気づく」 ことが多いと感じます。 人と関わり話したからこそ自分を知るのです。 自分は、「こう思っていたけど相手はこういう事、言っていたな。」 「パートナーに良かれと思って言ったのに、なんかムッとさせて変な雰囲気になったな」 とか、自分の〈よかれ〉と相手の〈求めている事〉の表現方法のちがいなどに 自分(相手)の〈大切にしている事〉のポイントが在ります。 *ここで大切なのは、「違うから仕方ない」ですませずに 相手と自分を調和させることなのですが、そのことはまた別の機会に。 最近私は、人生設計図を書き上げ、事業計画書の作成をしているのですが、 人生設計図の中に「私の取扱説明書」という項目をつくりました。 その中に〈こだわりが強い〉 と自身の事を説明しています。 しかし、一言で〈こだわりが・・〉といっても そのこだわりが、 どこに向いているのか 何に対してなのか そこが重要であり「どうありたいのか?」のヒントが隠れています。 例に挙げると、私は肩書きややっていることををあらわす名詞には まったくこだわりがなく、 「占い師」でも「鑑定士」でも なんとでも呼んでください。と思っているし、 「鑑定」「セッション」という名詞でもなんでもいいです。 なんなら「名前を間違われる」とかまったく気にしません。 しかし、内容の 「自分のミッション〈相談者様の本質の思いの顕在化と具現化〉を大切に守りながら、 時代に合わせて最新の解釈をする」 「私の価値観・先入観・客観的な現実は関係ない。それにとらわれない推命をする」 という事には並々ならないこだわりを持っています。 そして、自分の定義を持って大切にしています。 私にとっての 「幸せとは」「愛とは」「お金とは」「仕事とは」「成功とは」「理念とは」 何なのか・・・ それがわかると、自分が本当に求めているものが明確にになり 具体的な成果を生み出すための目標を立てることができます。 流れに身を任せ、直感・直観も良いのですが できれば、右左、上下からの情報の両輪をバランスよく使う方が スムーズです。 そして内省と同じくらいシェアが大切で、効果的です。。 私は長らく自分の事は自分でよく知っているから自分の事は自分(だけ) でしたいと思っていましたが、 それは、「不遜」であり ・自分の能力への過信 ・自己=他者への不信 ・テーマを軽んじていた のだわと最近は感じています。 質問です 「あなたは、自分の幸せが何かを知っていますか??」 「仕事が軌道に乗るという状態はどのような状態をさすのでしょう」 是非大切な人とシェアをしてくださいね。 最後に 昔から言われている開運五条件を記します。 基本的な原則です。 一命、二運、三風水、四積陰徳、五読書 いちめい にうん さんふうすい よんせきいんとく ごどくしょ 1.命(持って生まれた性格を上手く発揮する) 2.運(その時の流れ・天運に乗る) 3.風水(環境全般) 4.積陰徳(陰徳を積む) 5.読書(知識・知恵を付ける) 運は貯めれます。 徳の高いひとこそ、運気の悪さに引っ張られることはありません。 参考になさってください。 7月の予約の日程です。 https://mayuyu.online/schedule/ 少しずつ埋まりつつあります  

プロフィール

流 リラ(RYU LILA)

福岡を中心に四柱推命鑑定及びセッションを行う琉リラです。これまで延べ1300人以上の鑑定を行ってきました。与えられた課題を正しく解決し、より素晴らしい自己に出会うための日常生活における実践的活用方法を分かりやすくお伝えしています。

公式メルマガ

琉リラメールマガジン