コロナからみる〈不安〉の対処法。現実を変える思考からのアクション

お越しいただきありがとうございます。「夢の中でも鑑定する、寝ても覚めても四柱推命鑑定士」
琉リラです。ニュースがコロナ一色ですね。本日は、不安という気持ちの転換法を書きたいと思います。

不安とは

不安とは、何かが気がかりで、落ち着かない(安らぎが得られない)心の状態。
*Google調べ

頭の中で、いろいろ気がかりな事について考えていると、不安な気持ちが大きくなった経験はありませんか?
思考と心は連動していて、気がかりなことだと考えていると、思考は心に影響を与えるので、不安な気持ちが膨らんできます。
思考をうまく使うことで、不安な気持ちをコントロールすることができます。

さて、私たちは終わってしまったことや未来のこと、また、自分の影響が及ばないであろうことをあれこれと考えやすいです。

誰しもが、「もし、〇〇になったらどうしよう」と未来について不安になったことがあると思います。

 

なぜ不安を続けてしまうの??

不安になっているときは、心も体も忙しく動いている状態です。脳もフル回転になりやすく、
この状態は「自分が問題に対して、解決に向かっているかのように感じてしまう」のです。
不安なことに対して「何かアクションを起こしている」という感覚になり、そのため、あれこれと心配し、考えることをやめません。
しかし、本当のところは、あれこれと心配しているとき、何か解決しているわけではなく、同じことにただ考えを巡らせているだけのことが多いのではないでしょうか。何か良いアイデアが閃くことなく、同じところをぐるぐると回っているだけで、考えたところで、現実が変わらないことが少なくないのです。

 

不安・その一つの例

不安には色々なパターンがあります。
その中の一つをここでは、挙げていきます。
望まざる結果になるのではないかと、起こってもいない先のことをあれこれと心配してしまうケースです。
「うまくいかなかったら、どうしよう」「〇〇なったらどうしよう」と思い悩んだり、未来のことに対する心配をただただ、続けることです。

ネガティブな結論を出してしまう

そして、まだ起こってもいないネガティブなことが現実に起こる、という答えを自ら決めてしまい、何もしないことが多々あります。あれこれと不安に思いを巡らせている時は、とても不安で苦しいものです。
そのため、考え続けるのをやめたいという意識が働き、無理やりネガティブな結論を出し、心配を止めようとします。
また、自分に予防線を張り、できるだけ最悪なパターンのネガティブを設定することも多々あります。

では対処法はどのようなものがあるでしょうか。

 

対処法

まずは自分の不安が何なのかを詳細に知ることが大切です。不安なことは、終ったことでしょうか?未来のことでしょうか?また、自分の影響が及ぶことでしょうか? 何が本当に不安なのかをしっかりと考えてみましょう。
また、妄想で結論を出してしまっていないか確認しましょう。面倒でなければ、紙に書き出したり、考えることがおすすめです。頭の外に出す(外在化する)ことで、自分の考えのクセから距離を取り、客観的になれ、俯瞰的な思考を持てます。
俯瞰的になることで、対処する方法が見えてきます。

では、以下紙に書き出すときのポイントです。
*showroom前田裕二さん「メモの魔力」参照

「熱」 出社しようとしたら、体温が38℃ある。【ファクト・・事実】*事実のみを書き出す

「休」 しんどくなるのは目に見えている。これは出勤はできそうにないな。【抽象化・・事実解釈】*大まかの予想、自分の解釈

「療」 対処療法の薬は飲みたくないし、水分補給をして家でひたすら休養に努めよう。【転用・・自分のアクション】*どのように行動するか、対処法を考える。

事実を解釈を入れずに書き出し、そこから何を抽象化して、自分のアクションに転用するか?が重要とのことです。

わたし自身、事実をそのまま見ることなく解釈を先にして、起こってもいないことにたいして、不安にさいなまれる時が多々あります。
それはある意味仕方がないことですが、現実を正しく把握して対処することのほうが建設的だと思うのです。

陰謀論など、不明瞭で自分がどうすることもできない事実や、不安にフォーカスせず、また外部の情報や、感情論に惑わされないことが大切です。
「今できることを自分のペースで!!」
「準備しておくことは何かな?」「働き方にどんな方法があるのかな?」
「リモートワーク」ってどうなんだろう⁈
と悩むのではなく考える。
長期的・短期的のダブルビジョンで考える。
このことをきっかけに、将来的に成し得たほうがよいことを叶えるために、
今できること、長期的に続けることを、同時に考えるクセをつける。

自分がどうしたいのか、そのために何ができるのか、主を大切に対処していきましょう。

 

私は、四柱推命鑑定士ですが、お客様の不安やお困りごとの事実を冷静に判断して、解決することに重きを置いた、鑑定を行っています。
占いの結果に基づいて、どのようにアクションを起こすかは、結果よりも大切です。
ということで、3月中は、オンライン鑑定【zoom会議や、Facebook通話・line通話】や、チャット・書式鑑定になります。
詳しくはこちらです。https://mayuyu.online/life-appraisal/

 

こんな時だからこそ、むやみに恐れることなかれ、心と体が穏やでいるために心地よいことをしてみましょう。
問題を解決するためには、事実をまっすぐに見ることが大切です。平常心で、現実的な判断をすることで、望む方向に人生を進めていくことができるものです。

私は、そのような事を大切に、鑑定させていただいています。

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

 

琉リラメールマガジン
琉リラがみる四柱推命的な世の中
有名人の四柱推命鑑定など

無料メールマガジンで配信中
琉リラの四柱推命的コンテンツを無料でお楽しみいただけるメルマガです。限定セッションやプレゼント企画のお知らせも受け取れます。
コラム
シェアする
琉リラをフォローする
福岡市の四柱推命 鑑定と教室 | リラの四柱推命